忍者ブログ
2019.11.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.01.08
その昔、うちの親戚の美容師さんが、女優の松坂慶子さんの家に髪をセットしにいった話を聞いたことがありますが、礼儀正しく印象もいい綺麗な女性、との印象だったようですが、ただ普通に綺麗な人(それでもすごいんだけど)で、やっぱり、テレビや映画で見る姿は、専門の方が衣装を決め、セットをし、いいアングルで画像を撮る演出をするから女優、と演出された画像でみる姿はどんなに綺麗であっても作られたものなんだな、とその話を聞いて思ったり。マスコミやテレビもいっしょか。だからオレマスコミやニュース、ああ、もちろん2ちゃんねる等のネットもな、きらいなんだな。うちの親なぜか映画監督(昔の人らしい)に知り合いがいたりと、俺自身ではないですが、そんな話が結構聞けます。

拍手[0回]

PR
2007.01.08
2007年問題?が色々いわれますが、団塊の世代、要はオレの親世代ね、時代の変遷を生き抜いたせいか今も現役バリバリで能力高い人多くすごいなと。芸能人ではタモリさん、桂ざこばさん、あとはスポーツでは星野監督か多数。金の卵といって社会全体が頑張って育ってくれた事もあるのだろうけど、タモリさん、桂ざこばさんは携帯電話しんみたいだけど、それなりにインターネットできるみたいで、実はオレマウスきちんと未だにつかえんので、やっぱり日本の真芯ともいえる層は伊達じゃないと。そんな雑記。オレらの子世代側も頑張らんといかんのだけどね、ホンマは。

拍手[0回]

2007.01.07
ふたりはプリキュアSplashStar(スプラッシュスター)
第46話(1/7放送) 反撃!アイクダイカーン脅威の力!


ちょっとアクション作画がイマ一歩?でしたが、声優の方達の熱演もありそんなにわるくなかった今話。神話などによくある父殺しというか造物主に刃向かうという、ファンタジーRPGちっくな神殺し的なテーマが前面にでてちょっとびっくり。マンガでは輝竜戦鬼ナーガスとかゲームファイアーエムブレム外伝があるけど、女の子主人公では珍しいかな~。戦いで全て決着をつけるスタッフの悩みが前面にでたプリキュアのほのか、なぎさ、マックスハートのひかりと比べその悩みを、咲舞の鏡である満薫に担った、今作スプラッシュスターですが、やっぱり、命は輝くもの、は咲舞にいってほしかったかも~。プリキュアの力こそが、アクダイカーンの力と同一とかでね。どうなんかな~。個人的には全てを戦いで決着をつける女の子ヒーロは正直好きじゃないんで。BASARAのタタラは、己の手を汚す業を背負い悩みながら戦っていたから好きだっただけで、バトルメインのプリキュアが子供向け(おもちゃ売るという絶対の大前提があるからしゃあないけどねバトルものはアイテム作りやすいし)としてはどうなんかな~と前シリーズからの大疑問。で、プリキュアの大人ファンは萌え好きなんで、この神話チックなスプラッシュスター、どうなんやろ。オレは、ロードス島やドララン好きなんで見てるけど。というのか、アクダイカーン、ダイレンジャーのシャダムみたく泥人形で、ゴーちゃんがボスか?だから森川智之さんとか??なら正体はシタターレさんみたいに、滅びのダークドラゴンがいいな~と思うRPG好き。一応竜は世界の象徴なんで。スプラッシュスター、敵味方の設定逆にしても、結構普通に、RPGになりますからね。


次回作は、えっ?ぴっち、東京ミュウミュウ?とか思った今週でした。三瓶由布子さんエウレカセブンのレントンとか男の子中心だったような。そりゃ声低いわな。あと竹内順子さんもか。ダブル愛さんのうち、ガッシュの恵さんな前田愛さんがいるんで、きっちり優等生キャラだしみてもいいか。まあ感想は書かないけど。ネット自体飽きてるんで。もう、どの感想みても皆が同一人物にみえるのは、ネットの個性自体がなくなってると思うんで。なるほど~、妖怪の顔なしってこういう事か、徹底した没個性を自ら選択して(2ちゃんとかね)自我が全くなくなる事、と変なところで学習するオレ。



拍手[0回]

2007.01.07
ダメだ~。男口説くのは辛すぎる(笑)よう、男性プレイヤー頑張ってクリアしてるな~と思う。プレイ感覚はもろ初代ときメモの女性版で、服のセンス??もあるけど着せ替え、バイトも楽しいけど、女性主人公で、姫条まどかなんかに、薄布ビキニ着いへんの?、とか男のオレはいわれたない(笑)なんで女性キャラしかクリアしてません。ありりんが一番で、ほぼ反則!な可愛さの紺野珠美ちゃん(虹野さん?)、なんか毒舌でVSはオニ!らしいけどね、とばっか遊んでます。もりりんな守村桜弥くんが、そこ渚カヲルとかいわない石田彰さんだけど、デート時の衣装が女の子以上に可愛く(笑)中性的なんで、デートが精神的に一番楽。まどかはキャラも設定も好きだけど、要はドラマシリーズ彩のラブソングの巧だからね、下心ありありで迫られてもやっぱキツイ(笑)隠しキャラの千晴くんをきらめきの伝説の樹で告白したかったは同感です。それにしても尽はめちゃお姉ちゃん好きなんだね。

拍手[0回]

2007.01.07
いや、シスタープリンセス2買ったのでちょっと。一応2では可憐血縁ノーマルEDが一番で、血縁ベストEDのシチュエーションがメチャ好きな事からキミキス菜々エンドに満点あげてりしてます。デコちゅーだし。でどっかから、パクったスレちょっと載せると、

(萌える)妹ってのは分解すると

1、年下の
2、かわいい
3、自分を慕ってくれる
4、一緒に住んでる

か。でも2のカワイイ、3の自分を慕ってくれるってのがなくても、特に2のカワイイだね、なくても普通にカワイイもんだと思うけどね。自分自身腕組んだりして仲良く外出する兄妹よくみたせいか、わかる理由はやっぱりカレシカノジョの関係より信頼度が深いのが見てわかって、そんなん見たら、兄と仲が良い妹の立場の女性をカノジョにするなんて絶対ムリムリ!だってそんなアニキに他人が勝てる訳ないやんと思う、とそんな理由で普通に仲良い兄妹見るのは好きな人。萌えとか関係なしに。このスレにあった、深夜ふたりきりで語り合った時に、萌えなんかじゃなく、どうしようもなく、涙がでるほど愛しくて抱きしめた事がある、な~んて書かれて背徳感に苛まれたとか書いてあったけど、まあ普通やと思うし。何やかんやいっても、年の近い、仲がよければ信頼できる異性、そりゃ愛情もでるわせ。でも底にあるのは、家族愛なんだろうな~と思う、家庭環境がよろしくなかった人間の戯言でした。萌えとかじゃなくて、花暦の絵里花ちゃんが喫茶店で珈琲の砂糖いくつって聞いたり、キミキスの菜々ちゃんの攻略ルート以外のイベントみたいに、何気ない日常や他愛のない会話が過ごせるってのがめちゃ羨ましい、と思うのがオレにとっての妹萌えかな~。現実に妹は別にほしいとは思わないんだけど。実は。ゲームで十分。


と何かソフ倫の規定がかわったらしいんで書いてみた萌え?話。現実的には、保護や庇護の対象になりやすい分、本人自身に責任感の縛りがあまりなくて、伸び伸びと自由闊達に行動ができるのが現実的によくある妹の立場かもしれない。スプラッシュスターの性格的にはお姉さん系の美翔舞ちゃんや、きら☆レボの月島きらりちゃんみたいに、妹キャラが主人公が少女漫画に多いんで。そうそう、わすれちゃいけないBASARAの更紗もだね~。双子だけどタタラの時が兄というよりお姉さん系の妹設定みたいあだったんで。

拍手[0回]

2007.01.07
WEB2.0とかSNSとか未だによくわからない自分。
なので、リンクとの違いがわかりもしていないブログ、
及びトラックバックですが、一応自分の傾向は、

2ちゃんねる閲覧者の2ちゃんねらーでないこと、
及びネット右翼でない事!がする時もされるときも
絶対の条件。ねらーやネット右翼なんかに構われたら
たまったもんじゃないんで、そんなときは削除、
または、そのブログの管理会社に電話、メールじゃなく、
して対応したりしてます。口のワルサで売るなんて、
どこの吉本興業やねん、とか思うんで。まあねえ、
マスコミの劣化コピーみたいな記事書いて、見る側も、
読む側も、面白いのか?オレはつまらんぞ、と思う
雑記。ならブログしなけりゃいいじゃん、も
一面の真実です。親が女優さんの家にいって、
お茶呼ばれたりしたとか書きたいけど、まあいいや。

拍手[0回]

2007.01.05
とりあえず体調もあまりよろしくなく、家にいた年末年始。
フィギュアが総集編なんで一応リアルタイムに見た紅白歌合戦、
細川たかしさんが歌詞忘れた所から、これはあかんのちゃうか?
とか思って、司会がSMAP中居→自動的に99岡村登場はデフォ
(その割に岡村登場に皆沸いてなく、なんか焦っていたので、
 吉本ダイキライのオレはいい気味とか思ってたり)
と良くない流れから、DJOZMAか!!リハでスタッフだまして、
本番でやると思ったけど、さすがにアレはひどいやろ。
バラエティ馴れしすぎたさくらパパがフォローもできず、さんざんな
(あそこで、品がない、とかいうのが良識ある大人のコメント)
紅白視聴でした。どんなに視聴率がよくてもオレは
マスコミだけは絶対ゆるさないので、牙はむかしてもらいます。
モーニング娘。の衣装や踊りは全体的に可愛く、良かった点はそれだけ。
ヨッシーが着こなし上手いね。ファッションショー、メイドもOK。
あとWaTのウエンツ&徹平くんのメガネ男子もいい感じでした。
きらりちゃんも可愛かったんで。(久住小春ちゃんです)

あとは、えっこれもハルヒの能力?ななぜかノイズがのる
涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ~Ⅳ、朝倉さんの所のみ見逃したので、
感想はまあ普通、どう考えても、ハリー×ハーマイオニーな
映画ハリーポッターと炎のゴブレット、はしょりすぎ、
話題作のわりに、結構レーティングに引っかかりそうな
ダヴィンチコード、何やあのシオン修道会所属の警部は?
あんなん警部違うぞ、めっちゃテレビゲームのサスペンスAVG、
と思い、映画だからわかりやすくしたのでしょうが、
最後の晩餐、キリストの血、ニュートンの魔術師などを
使い、PCゲームエグザイルをした人間なので、
ああテンプルナイツだ~とか思いながら、ほぼ予想通りの
オチをみてました。映像は独特で絵画みたいでしたね~。
ひぐらしのなく頃に、とか好きな人はダヴィンチコードが、
楽しめるかも。キリスト教自体が謎のモチーフなんで。

とこんな雑記。

拍手[0回]

2007.01.04
>乙女はお姉さまに恋してる第12話『ラストダンスは永遠に』
女装した瑞穂の学園での成長をメインで描くのではなく、

拍手[0回]

2006.12.27
第2次スーパーロボット大戦αもそこそこに、サルファこと第3次αプレイ中。トウマ熱い!必殺技も『特訓後自力で会得!』いや~すげえ。声の再現率は100㌫だけど、種は浮いてるよ???と思う。何やかんやで二日目で第19話。ガガガ、マジンガー、ジーグが主力。やっぱリアル系よりスーパー系は熱い!えっと設定的にはもろ冥王計画ゼオライマーな妄執にとりつかれた科学者の業により生み出された雷鳳とシステムLIOH。OVAのODEとかそれと同系統?と重くなりがちなのにトウマのキャラのせいかやたら燃える展開満載。バランドバンもいいわ~。ミナキさんがションボリなキャラになってるのが残念だけどそれはこれからか。なんかやたら女の子キャラは力はいってる気もするけど、ボンバー!熱気バサラはカッコいいんでOK。歌もいれてほしかった、です。

拍手[0回]

2006.12.26
第3次スパロボα、イースオリジン、ときめきメモリアルGirl’sSideなどを、年末に貯めこんだ収入でまとめて購入。他にDVDレコーダーなど本当にめずらしく買い物をたくさん。サルファは第2次αのゼンガー親分ルート途中にも関わらずトウマルートで。松来未祐さんだみゆみゆだ~チョッピだ~と思ったのも束の間、何?このミナキさんのテンパりぶりは?でもトウマ自身はわるくないキャラだし、鉄也と凱も大活躍なんでスーパー系好きには文句なし。いや~熱いわ!イースOは、カニ?で中断。でも美少女ゲーム全盛のPCでこうしてARPGを作り続けるファルコムはすごいな~。旋風ジャンプがなかなかできずひと苦労。でツヴァイ!! - ZWEI!!も買ってます。 ほんでときメモGSと。うん、キャストも豪華、主要キャラも男性からみてもカッコよく&魅力的で、男性でも読める少女マンガ(というかアニメ?)の世界な雰囲気。葉月珪がヒイロユイと思う。もりりんこと守村くんを狙っていたはずがなぜか有沢志穂さんエンドに。有沢さん評価分れるみたいだけど、内面や設定重視派としては十分魅力的だと思うのはポエマーだから?ありりんはさすがに呼べませんでした。というか男性主人公でありりん攻略したかったよ(笑)如月さんっていたらそうだけど、女性向けならではの感情の起伏がきちんと描かれていてとても好印象です。もりりんはあまりにも乙女すぎで男性としてはどうかな~。プレイ感覚はもろ初代ときメモで着替えとバイト(沙羅曼荼が面白すぎ(笑))も楽しいけど、デート帰りに携帯に電話がかかるのはいろんな意味でツッコミたい(笑)です。個人的には衣装をもう少し多くてプリンセスメーカーみたいに全身像がほしかったなあ~。主人公かなり可愛い子の筈なんで。とりえず姫条まどかのアタックがすごくて、ああ設定どおりだ~(パラメのせいもあるだろうけど)とか、ああDDRがある~とか感心。同姓の立場の友人としては姫条くんいいけど、異性としてはその影がめんどいな~とか。結局幻想水滸伝2好きなせいか花屋アンネリーに。名前はアカイイトの羽藤桂ちゃんの名前からかりて桂ちゃんでプレイ(自分の名前の漢字も入ってるので)。葉月っちと一緒の名前だから印象が残るって勝手なMy設定で。EVSも自然でした。とごちゃまぜプレイ中。今は第3次スパロボαがメインです。

拍手[0回]

2006.12.24
ふたりはプリキュアSplashStar(スプラッシュスター)
第45話(12/24放送) ケーキと和也とクリスマス!


クリスマスイブのプリキュアスプラッシュスターは、
ツッコミどころあーんど萌えどころてんこ盛りでした。
花鳥風月のサンタコスはやたら可愛く♪恋愛ネタあり、
ラストへの伏線ありで今年ラストのせいかお話が豪華。
オチはベタでしたが、というかちょっと?美翔舞さん(笑)
あなたプリキュアの中で最も恋愛に疎すぎです(笑)
ギャグがわからないにつづき、妙なキャラ立ちが(笑)
一転ムプフプは、何この鋭さ?フラッピも含め
このライトさが、スプラッシュスターの魅力なのかも。
笑顔の満、相生らしく最後に愛?が芽生えて雄雄しく散った
サンタのミズシタターレ、キントレスキーが敢闘賞は
もちろんですが、恋愛からあきらめないというテーマ、
そして雪に消えゆくその身を重ねる満と薫と実は
クライマックスに向けての伏線回と豪勢なつくり。
アクションもう少し頑張ってほしかったですが、
恋愛?話を通じてあきらめない、思いは通じる、を
描く話だったと思うので(いや舞ちゃん鈍すぎだけど(笑))
よくできてました。今年はこれでラスト。年明けの
ゴーちゃんとの決戦で、満と薫のプリキュア見られるかな?
何はなくとも、サンタコスが可愛かった♪今週でした。

それにしても、咲の好意をわかって行動する和也は、
天然のジゴロだな~と思った。普通の少女漫画なら、
和也が咲をもうひとりの妹とみていて、咲と舞が
和也をとりあう???的な展開もあるだろうけど、
プリキュアだし。というか舞が咲を大好き!な
感じなので。ほのかと舞を比べる人が旧シリーズからの
大きい方のファンの人たちにけっこういるみたい
だけど、雪城ほのかのどこか浮世離れした雰囲気が、
どうにもこうにも超苦手(ゆかなさんはすき)で、うしおととらの、
キリオと井上真由子とほぼ類似したキリヤとの関係が、
真由子だいすきな筆者は燃えるはずなのに、なぜか、
その異世界からきたお姫様?的なキャラと思ってイマイチ。
逆に舞ちゃんは普通(重要!)の優等生っぽさが、
自分は好きなんだけどね~。転校生ならではの、
孤独感の設定があってもよかったけど、影の部分は、
咲と舞の鏡である満と薫に割り振られているので。
あくまで前作をあんまみてない人間の戯言。

拍手[0回]

2006.12.23
きらりんレボリューション-ハッピー★アイドルライフ

この年令ではほぼプレイ不可(はずかしすぎる!)の気持ちを、
振り切りプレイ。カードだけ買うとカードを買って遊ぶなどの、
親切設計。カードはトップスカード006-Tファー付ショートダウン。
もしかしてこれは中原杏さん書下ろし?の原作テイスト。
カードをくるくる回すと色がかわるのがなかなか楽しい。
で恒例のなーさんファッションチェックや星座占いなど、
きらレボの持つ楽しい雰囲気を再現。事務所からはじまり
最初にSHIPSの宙人が登場で練習。ふむふむ。
ラブベリと違い、もろにDDRや太鼓の達人など音ゲー系なので、
大人もプレイしやすそう。据置き機移植も考慮なのかな~。
練習おわると月島きらりちゃんのコンサートの設定で、
ステージスタート。おお、テレビサイズながら久住小春ちゃんの声で、
きらりちゃんがパラライカを熱唱。ラブベリと比べ可愛いCGで、
きらりちゃんが振り付けをきちんとしながら踊るのが楽しい♪
上手くいくと、SHIPS(今回は星司くんでした)や、
な~さんの合の手が入るのが嬉しい。でラストはな~さんチェック。
ここでも色々あるみたい。で、総評としては、ムシキング、
ラブベリと比べゲーム性も高く、きらレボ(アニメの方かな?)
の世界観を楽しく再現して面白いんだけど、赤、青、緑で、
プチポップンミュージック系の完全に音楽ゲームなので、
ゲーム中、ボタンをたたくのにおわれて、きらりちゃんの
可愛いライブステージを集中して見るのが上手くなるまで、
難しい?かな~。実際、メインターゲットの小さな女の子は
ちょっと苦労していた雰囲気。ゲーム性も高く、SHIPSが
レアなど先発のカードゲームより、ゲーム!って感じなので、
家庭用移植を期待したいところ。うちにも女の子いるけど
(親戚ね)そこの親御さんがゲーム禁止!っていってるので、
何とか説き伏せないと~。さすがにひとりでプレイはムリ。

拍手[0回]

2006.12.20
>きらりん☆レボリューション 第24話「きゅん!海で揺られて恋の詩…」
ベタではずかしい(笑)くらい直球のラブラブ展開にメロメロです。
男ツンデレ全開の風真宙人はカッコいいわ、本当のきもちにきづいた
月島きらりちゃんは可愛いわで、実はまっとうに面白いと思って
見ている人。かばって抱きしめる宙人、星司に告れという宙人、
リボン付ワンピースをかわいいという宙人、そんなツンデレ全開な
宙人に惹かれていくきらり、と何?このものすごい萌え展開は???
海岸、夕日のシーンもロマンチックで、衣装替えも可愛く、
直球さがメチャ心地いいです。どうなることかと思った、
久住小春ちゃんのきらりちゃんも可愛い♪しね。次週、
最も出来がいいと思う、恋花火のお話。

拍手[1回]

2006.12.17
>Gift ~ギフト~ eternal rainbow エターナルレインボー 11th Gift 「Giftの秘密」

Gift ~ギフト~ eternal rainbow 公式HP

莉子を救うためだけの春彦と美少女ゲーム原作らしからぬ
一直線な行動がなかなか好感度の高い第11話。通常なら、
莉子も霧乃も救うと両天秤なのに、それをしなかったのは、
いい選択だと思います。虹は人の想いの架け橋、と自分にも
現実に思い起こす(筆者の場合もGiftと同じ事があったので、
違うのは全員にいい結果とファンタジックな出来事でした)
モチーフとして使われ、人に想いを伝える虹の架け橋の
Giftだからこそ、その想いを伝えるためGiftを消す、と
脚本も綺麗に纏めてきて、よくできているお話と思います。
本音をいえば霧乃も春彦が救ってあげてほしいけど、
(もちろん霧乃を救うもあるけど台詞では莉子のみ語ってたので)
莉子一直線の春彦だからこそ、上手くまとまると思うので、
次週最終回も楽しみ。とりあえず春彦の結論で終わりそうで、
よかった~。

拍手[0回]

2006.12.17
>ふたりはプリキュアSplashStar(スプラッシュスター)
第44話(12/17放送) 二人が消える?追い込まれた満と薫

水と土が復活。相変わらず相克。シタターレさん面白すぎ(笑)
鏡に映った咲と舞である、満と薫は造物主に弓を引いたことに
思い悩むと年末らしく、クライマックス。花と月、鳥と風か。
ドロドロンのスパイダーウェブ今回は効きませんでした。
シタターレの水球ファンネルを期待したけれど、それも含めて、
アクションが思ったより普通で、みのりちゃんのラストカットが、
咲舞満薫今の皆の望みという今週のお話。ちなみに動物園なので、
ボクカノの凛ちゃん思い出した現在僕の歩く道視聴者。今週最終回。
そうそう、金曜しんちゃ~ん♪のコールに続き、クレヨンしんちゃんと
ぬいぐるみでコラボ。自分はクレしんもみてるので普通に見ました。
視聴率が前作程でない?のが今作のファンとしては、残念で、
(2ch(またここか!)の視聴率騒ぎガセっぽいです、と情報入手)
ちょっとプリキュア感想サイトをサーフィンを、
本当に珍しくしてましたが、理屈っぽくて訳わからん、
じゃなく、あくまで男性のニ十代~ぐらいが中心?かなあ~、
で女性のお母さん視点(まあ子育て忙しいからメイン
ターゲット層のお母さんは論功行賞的な感想はムリだけど)
の感想がないから、やっぱりよくわかんない。
とりあえずどれみファンはみていないような気がする。
今回は、戦う悩みを満と薫に割り振っているのが、
もしかしたら評価の割れる原因かもしれないけど、
前作みたいに、女の子ふたりに世界の運命託すなよ、
とか漫画のBASARAファンとしては思うので、こんで
いいんちゃうかな?ゲーム好きの視点でみると、
滅びの力というより敵の五行はいわば世界の力そのもの、
主人公は逆の相である、成長する力で滅びと戦う、なんて
RPGゲームならめちゃ燃える設定なんでみてます。
アニメではその辺りの表現がもしかしたら難しいのかも?
欲をいえば、満と薫でなく咲と舞自身のプリキュア誕生が、
成長と滅びの力二つの相から生まれたにすればよかったけど、
まあそれは深夜アニメの世界なんで。こうしてみると、
ミズ・シタターレが恵みと渇きの竜神なように、ある種
二面性がテーマなのが今作かもしれないと思ってみた今週。
おそらく五行の他に陰陽もモチーフだろうから。

拍手[0回]

  BackHOME : Next 
カウンター
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
フリーエリア
最新CM
[04/04 BlogPetのさうざんど]
[07/10 BlogPetのさうざんど]
[07/03 BlogPetのさうざんど]
[06/26 BlogPetのさうざんど]
[06/19 BlogPetのさうざんど]
[06/12 BlogPetのさうざんど]
[06/05 BlogPetのさうざんど]
[05/29 BlogPetのさうざんど]
最新TB
プロフィール
HN:
TS
性別:
非公開
フリーエリア
バーコード
アクセス解析

日々雑感Blog,つれづれ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]