忍者ブログ
2019.11.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.02.10
吉良が絶対許せない!(デスノートも)ので第四部の杜王町編でリタイアですが、黄金の風の第5部くらいは読んでもよかったかな~と。一応一部の映画を見に行くので、復習中。どれだけ頑張っても第六部は理解できません。一番近いのは、駆け引き上手な二部ジョセフな管理人でした。そういやジョセフのハッタリ博打なテクニック大人になってから多少使ったことあったな~。三部スターダストクルセーダズの評価高いようですが、なにぶん長すぎで、知略と異能力バトルのバランスがとれていたジョセフの第二部が今でも一番と思ってます。

拍手[0回]

PR
2007.01.10
アスラン・ザラ視点によるスペシャルエディション4部作最終章種運命自由の代償。一応クリスタニアと重ねてみてるので参考までに。実は我の強いWiki自体の情報はあんま信じてないんだけど、参考リンク。


種シリーズ独特のその他大勢がエグい散り方をする部分はヤ!ですが、全ての感想サイトを否定して、己の感性と自分の価値観のみを信じて(これ超!重要ね)みてみると、何はなくともサンライズ、メカ作画のレベルも高く、OGアニメもこれくらいなら~ねえ、人は誰かになれない、俺は俺になりたいんだよ!なからくりサーカスの鳴海的テーマ、日本で言うと士農工商か、人はなりたいものに自らなりえる、という実はフランス革命以降くらい?の非常に古典的なテーマが、遺伝子の名を借りてそれなりに表現していたと思う種運命SE。だってDVD買ってもいいかな?って思うもん。基本的にガンダム世代はガンダムに呪われし人々なので、種シリーズ否定派多いけど、こう見ると実は描かれるテーマ自体はかなりクラッシック。アスラン→石田彰さん→レードン→クリスタニアな視聴の俺は、『悩み多き若き覇王の物語』、と見てしまいますね~。種ではキラがデア・ラングリッサーの覇道ルートみたく覇王ポジションですけど。デュランダル議長の唱えるデスティニープラン、閉じた円環、全てが周期で定められたクリスタニアの世界思い出して仕方がないし。もっと自由に生きるリュースみたいなキャラいんかったのが残念だけど。シン、生き残ってホント良かったね、もカミーユよりジェリドだもんな~。キャラ萌えガンダム、といってしまえばそれまでだけど、女性ファン取り込んだ事実もあるし、商品としての評価してほしいけど、ガンダムに呪われし人間、要はガ印ってやつですね、嫁云々とかもうええでっしゃろ、が感想書きに多いんでそれはな~んも期待しません。感想サイト基本的に見んし。とりあえず、アダムと同じくイブにそそのかれしものよ、という女神転生2の言葉を思い出す種運命でした。女の色香に惑わされるっちゅうか、遺伝子でカリスマ補正できたり、優良人種がアイドル必要なんかな~、とかだけ突っ込みたい長い視聴感想。ミーアもラクスも好きですけどね。

拍手[0回]

     HOME 
    カウンター
    カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    ブログ内検索
    フリーエリア
    最新CM
    [04/04 BlogPetのさうざんど]
    [07/10 BlogPetのさうざんど]
    [07/03 BlogPetのさうざんど]
    [06/26 BlogPetのさうざんど]
    [06/19 BlogPetのさうざんど]
    [06/12 BlogPetのさうざんど]
    [06/05 BlogPetのさうざんど]
    [05/29 BlogPetのさうざんど]
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    TS
    性別:
    非公開
    フリーエリア
    バーコード
    アクセス解析

    日々雑感Blog,つれづれ wrote all articles.
    Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

    忍者ブログ[PR]