忍者ブログ
2019.11.12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006.11.22
>乙女はお姉さまに恋してる 
スタチャ、なぜか原作ファンに疎まれているD.C.S.S.スタッフ
などいい話題がなかったそうですが、ダカーポセカンドシーズン
(のみ)が最も好きな美少女ゲーム発アニメの自分はスタッフで
迷わず視聴。白を貴重としたパステルカラーの中間色的な色合い、
OP、EDの作画も良く、堀江由衣さんの瑞穂も初期は、まんま
白河ことり?でしたが、きちんと男の子声(微妙な時あり)も
聞けるんで、全録画して視聴中。白河ことりが主人公のダカーポ?
とか思ったり。個人的にはもっと男の子の要素みせてほしい。

第7話「小っちゃな妹と大きなリボン」
冬服に衣替え。OP、EDもあわせてと相変わらず芸が細かい。
本編の世界史の授業(生徒会長とエルダーが私語はどうかな?
とか思うけどきっちりノートもとっているようなので)も、
先々週ぐらいはフランス、今週は平安とロシア十月革命と、
きっちり伏線につかっていて、実はドラマやアニメ含めて、
初めてまともに授業を背景音声とはいえみたアニメで、
尚且つ伏線に使っているのは恐れ入ります。今週も、
対立する意見の譲歩と皆の説得と、エルダー選挙の時も
そうでしたが、武力も使わず、戦争をするわけでもないですが、
知略を使い、皆を話術で説得するある種の政治闘争的な、
駆け引きを描くのがやたら上手いアニメだと思います。
ルルーシュでもこれぐらいしてほしいな~。
奏ちゃんも可愛く最後は瑞穂のリボン姿まで披露で
萌えとしてもおっけー。アニメでは、今回のように、
がちがちでなく、校則に多少の緩やかさをもたせる
パターンが多いですが、現実はブランドメーカーと
マスコミの策略とはいえ、制服のミニスカートが
乱舞し過ぎて制服自体のブランド価値が下がったように、
譲歩しすぎるのもどうかというのが個人的な意見。
実際校則が厳しいからこそのエリート校が、事情が
あるとはいえ、生徒側にかなりの譲歩をみせた結果、
校内にゴミが散乱する三流どころか五流校までの
堕落っぷりを見た日には…。きょうは瑞穂くんの、
(まだ女性っぽさありますが)ある種少年が持つ
繊細だけど、純粋な強さをみられたのも良かったです。


>Gift ~ギフト~ eternal rainbow 
宮崎羽衣さんがいるから!それだけで視聴決定。と思いきや、
秦勇気さんもいて、義妹に清水愛さんもいてW~ウィッシュ~風
ダカーポ?年下幼馴染、同学年義妹(従兄妹?)と変則。現在、
莉子>霧乃のようですが、霧乃の方がネットでは印象いいのかな~。
アニメでは結構ふたりとも控え目に見える描写が多いのが、
ちょっと新鮮です。




拍手[0回]

PR
2006.10.18
週刊少年サンデー46号感想。

ハヤテのごとく!
ハッハッハ(大笑)あかん面白すぎる!100回記念に破壊力抜群のネタをもってくるとは、畑センセグッジョブ!
伊澄さんの漫画はじみへんやな〜とか、ハヤテのは萌え系狙いすぎ!とかもう5回くらいハヤテとだけ読みました。
ハヤテ版ブリトニーアンテナヘソ出しニーソ絶対領域ありとどっかの深夜アニメみたいだけどなんか瀬川泉ちゃん?
表紙でないのが残念だけど、一名限定投票キャラカラーサイン色紙の、第1回キャラ人気投票の告知を見開きでほぼオールメインキャラと贅沢に使っているのでまあいいか。
4がナギ、5がハヤテ、16が西沢さん、20がヒナギクさんと番号の割り振りがめっちゃ変則的なので注意です。卓上カレンダーも100名に当たる人気投票はこちらからもできます。
それにしても書いてある知り合いの漫画家さんて誰?


金色のガッシュ!!
そして、発動するチャージルセシルドン!!
(修正。ラ〜が付くと思ったんだけど盾の最上位)
ああ、アニメでこの展開みたかったなあ〜。


サンデー46号雑感。
魔法少女ブリトニーちゃんが全てなハヤテ100話(本当は99話だけど)記念の46号。ハヤテとガッシュ以外全く読んでいなかったりします。

拍手[0回]

2006.10.14
食欲の秋、お菓子の秋(?)ということで方向性を変える意味も含めお菓子紹介。琵琶湖環状線等、更に観光誘致にも力の入る北国街道の地から、黒壁スフレを紹介。詳しくはリンク先で。実はまだ食べていないので、何とか年内には。テレビで紹介されたのでこれかれの注目株。チーズスフレもいいけど、チョコレートスフレが絶品のようです。

拍手[0回]

2006.10.05
私信です。金の牡牛亭のトアンさんが、ブログを一旦引退されるとの事で、色々お世話になったにも関わらず、あまり何もできないのが残念ですが、虹色の本からのサイト運営、何はなくともお疲れ様でした。メールでリンク了承の暖かいお返事を頂いて以来、自分にはあまりない(できない?かな)、その温かみのある文章に惹かれて閲覧させてもらっていましたが、また、いつか再開される事を願って…。こちらはぼちぼちと続けていきますので、お暇なときにでも覗いてやって下さい。

拍手[0回]

2006.10.05
今期アニメは一番見たい武装錬金が物理的に見れないので、パスしようと思ったけど、実は見てたまもってロリポップの後番で録画そのままにしたら、純一とアイシア(正確には莉子←春彦←霧乃?なのかな)がカップル??でなんかアイシアみたいな事みたいな事主人公いってるし〜。最初の魔法は桜ってそんなベタな。まあ宮崎羽衣さんがメインヒロイン?ってだけで視聴は決定ですが。清水愛さんもいるんでダカーポセカンドと〜W〜ウィッシュ〜みたいだな〜初見は。女性キャラが萌えデザインで男性キャラがやや劇画チックなのが気になります。まあぶっちゃけると色んなギャルゲーのいいとこどりみたいな作品。

拍手[0回]

2006.10.04
週刊少年サンデー44号マガジン44号感想。

ガッシュお休みなんですごく簡単に。

週刊少年サンデー43号

ハヤテのごとく!
そして、手に入れた大切な想い。その想いの行く先は…


マガジン44号感想。

涼風。
リスタート。最近流行りのループもの的なら萌果ちゃんがキーキャラ。


サンデー44号、マガジン44号雑感。
ハヤテの展開が、定番ながらすごく感動したので何もいう事はありません。ハヤテは萌えでなく、このある意味ベタでオーソドックスな展開こそが、萌え全盛の昨今、最大の長所なのではないでしょうか?涼風は、萌果ちゃんとの三角関係?も復活で、ドラマ初期でこうしてほしかったけど、読者側でキャラの立ち位置も掴んでいるので、あとはゴール目指して。ああ、一応萌果ちゃんとの復縁でなく、良き友人関係を望んでいる読者です。さあ、ハヤテは100話のナギの漫画掲載へとカウントダウン。カラーみたいです。

拍手[0回]

2006.10.03
何か知らんけど43号の感想ふっとんでたので復帰。サンデーのみ。ハヤテのごとく!100回記念?でちょっと声優予想も。


週刊少年サンデー43号


金色のガッシュ!!
ふたりはスナイパー?というか恋人はスナイパー?でもなく、女性のニコルは鳥獣保護官とレンジャーの設定が突然でてきて、チェリッシュのリベンジ。クロボーンガンダムのABCマントみたいなゼオンの防御、これで弾ければ…。で次回はお休み。しっかり休んでもらって、おそらくファウード撤退戦になる展開待ちましょう。最初のガッシュの姿が痛々しい…。


ハヤテのごとく!
あかん(-_-;)うっかり、ひぐらしのなく頃に最終回を見てしまったので、ヒナギクVSハヤテがナタとバットのレナVS圭一(もちろんボイスはヒナギクas中原さん、ハヤテas保志さん)と重なって、重なって。何か展開も似てるし、作者さん、シンクロニシティでも起こしてる??最後のナギの見ているDVDはもちろん涼宮ハルヒの憂鬱ですね。何やかんやいってオレもビデオは残してあったり。リス仙人のいった合言葉はBeeはもちろんツインビーパラダイスですね。パステルよりマドカが好きでした。


なんかヒナギクに堀江由衣さんの意見多いようだけど、自分的には、ハヤテ保志さんナギ進藤さん(釘宮さんもあり)、マリア清水愛さん(大原さやかさんもあり)、ヒナギク中原麻衣さんなんだけど、西沢さんに中原さんも結構多い感じ。咲夜は松岡由貴さんか植田佳奈さんがベタ。名前つながりでほっちーもあり。中原さんがヒナなら、美鳥ちゃんつながりで色々サンデーネタできると思うけど〜。もし本当にアニメ化ならテレ東系深夜でなく夕六時でケロロ的ならおっけーかな〜。そうそう個人的に瀬川泉ちゃんは、宮崎羽衣さんがいいです(ただのファンの戯言)ナギでもいいけど納得しない人多そうなんで。伊澄さんは???松来未祐さんかなあ、アカイイトの羽藤桂ちゃんとちょっと重なるし。



結界師。
生命を吹き込むと透明と相変わらずスキルの使い方や組み合わせが上手い。


ダレン・シャン
クレプスリーさん。イはいりません。やっとダレンにも一時の安らぎ。


妖逆門。
秋葉流だ!カードバトルでよくあるプレイヤは傷つかないのに、という批判を身を呈した行動で表すのは面白い。でもオレは遊戯王好きですが。どちらかいうと城之内かな。


絶対可憐チルドレン。
さすがに絵に疎いオレでも、今週は劇的に絵柄が変わっているのがわかりました。一応フィクションである超能力(現実に能力ある人いますけど)を描いているからこそ、絵はあくまでリアルにって事??薫の顔がすごく書き込まれる??のかな。というか、その操作はひどすぎ(笑)せめてクールに可愛くしてあげようよ。


サンデー43号、マガジン43号雑感。
萌果ちゃんおかえり。これでマガジンが読める。サンデーはダレンシャンがやっぱり普通に面白いです。ハヤテとひぐらしの展開が部分的に重なっているのが???何か混乱してヒナギクさんのメイド姿を想像(妄想)した今週号。ヒナギクさんはレナより恋以外は積極的になった感じの美鳥ちゃんですが。

拍手[0回]

2006.10.02
BASARA第27巻の2005/8/17と2004/2/18のレビューですが、結論はほぼ同じながら、途中に書いてある事がほぼまっぷたつ。でも、感想は結局そんなものだと思う。要は感性の合うレビューを見ればいいだけで、別に大勢に従う必要なんて全くないと。自分はこれぐらい意見が分かれる方が参考にしやすかったりする人です。感想の書き方での自分用のメモ。ちなみに自分は更紗でなく、更紗が演じ続けた男性でも女性でもない幻のようなタタラが今でもめちゃくちゃ好きです。なので浅葱派だったり。朱理でなく後半23巻の赤の王や受け継ぎしもの隼人、飛騨の市松、蜂也、柊も好きで実は少女漫画なのに好きな男性キャラがやたら多い作品です。

拍手[0回]

2006.10.01
ふたりはプリキュアスプラッシュスター第34話お月見会はロマンスの香り視聴感想です。

拍手[0回]

2006.09.30
D.C.s.s.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜#7すれ違い、#8嵐の予感Gyao[ギャオ]版感想です。

ダカーポセカンドシーズン感想こちらにも書いてます。


第7話すれ違い、は萌え視点でない自分は辛抱のしどころ。身体測定が今見るとなかなか辛い。後半の手を差し伸べるアイシアが、作画もレイアウトも綺麗で、メチャクチャ可愛かったのがオアシス。アイシアが凄まじく美少女に描かれているシーン(手を差し伸べる所)が高品有桂さんが原画なのかな?とアイシア萌え(主人公萌えともいう)でしか見ていないのがGyao版の視聴ポイント。この辺りからアイシアが主人公の行動をしてるなあと何となく気づいているかな。すれ違いの部分に関しては前サイトにも書いているように、定番ながらドラマ的(ベタドラマだけど)で文句はありません。第8話嵐の予感、は第9話への伏線と、想いの届かないヒロインの代表としてことりの複雑な立場がポイント。お話としては第9話で見続ける気になったけれど、#6〜#8はすれ違いが続くので、ファンにはちょっと辛い展開かもしれない。裏音夢爆裂です!かな。初見ではこの時点でまだアイシアにキャラ萌えしてなくて、ヒロインズも全く見てなく、背景が綺麗だな〜(広島?らしいですね)と思ってみていました。

拍手[0回]

2006.09.26
D.C.S.S.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜#5魔法のしっぽ、#6美春への手紙Gyao[ギャオ]版感想です。

ダカーポセカンドシーズン感想こちらにも書いてます。


第5話魔法のしっぽ、は一言でいうと、あ〜楽しかった♪#3から続くアイシアのキャラ見せ話で、杉並とアイシアの掛けあい、ことり、眞子との初音島探検、前半では一番好きなお話。何よりアイシアが又三郎的主人公ヒロインで、可愛く描かれ満足、満足。そしてターニングポイント第6話美春への手紙では、バランスブレイカー、願いの桜の象徴の片割れである音夢の帰還。自分はここから第8話までの、実写ドラマ的なレイアウトや展開でセカンド見続ける気持ちになったのですが、セカンドの特徴であるギャルゲ原作でありながら、非ギャルゲ展開の片鱗を見せる#6〜#8がキーポイント。この辺りで大手感想系って感性鈍すぎだねとか思ったり。#6はことり、眞子の立ち位置をレイアウトでよく見せていてよくできていると思う。ギャルゲでありながら、ギャルゲでない展開をするアニメだからこそ、実写的なキャラデザやレイアウト、展開にこだわったんだろうな〜。セカンドはメインヒロインルートでの、その後のサブヒロイン達の物語なので。とりあえず、アニメ離れしていた時期に、ドラマをみて培ったスキルがとても役に立った#6です。

拍手[0回]

2006.09.24
ふたりはプリキュアスプラッシュスター第33話筋肉全開キントレスキー現る!視聴感想です。

拍手[0回]

2006.09.22


東京ゲームショー2006ふりーむの懸賞でチケット当選したけど、9月23日、24日開催で、本日9月22日現在にきてどうしろと???交通費ができたら東京いきたいけど、ひいふう往復四万円強かあ。アキバのぞいたり東京観光したりしたら、十万円弱はいるんで、まあいけたらレポート書きます。何もなければ週末は家にいたって事で。夜行バスはえらすぎるんでパス。十年前は、青春18切符で鈍行で行ったりしたけど、さすがに色々な意味でキツイんで。ゲームショー行きたい事は行きたいけど、地方者の交通費はつらい。


追記。あまり調子もよくない事もあり、結局週末は家で。親が東京在住の親族の開店を手伝いにいくかもと、いっていた事もあり(親は元東京在住者)まだ行く可能性はあるけど…まあいいや。

拍手[0回]

2006.09.21
エンドレスエイト ビューティフルドリーマーの検索されたので考えた公式?ハルヒが映画うる星2ビューティフルドリーマーなのは皆周知みたいなのでぼーっと考えた事。


夢のつづきは…、はっぴいえんど???


おそらく夢を見る島をプレイしたせいで、ハルヒに嵌れなかったんだろうなあ、とぼんやり。ハルヒ、うる星とも実はすごく好きなヒロインいなかったりします(強いていえばみくるちゃん??)同じモチーフながら、前者二つと後者の圧倒的な違いは、夢を見る島での唯一絶対のルールは『夢はいつか醒めるもの』であり、その目的の為にプレイヤーこそが世界を終焉させる使者である、という所でしょうか。まあオタクって人達は、醒めない夢についてやたら薀蓄を語りたがるので、ちょうどいい時期にハルヒがヒットした感じなのかな〜と。まあそれだけです。ぶっちゃけると、ヘ理屈語るブログやサイトは面倒くさい。読むのもヤダ!です。要は涼宮ハルヒの憂鬱というアニメ作品は、エヴァ以来久々にオタクが語りたくなる作品だったと。ハルヒという作品自体は結構好きですが、こう理屈で攻められるとやっぱり引きますね。普通に楽しめばいいのに。YouTubeを利用して人気が上がった事自体もメチャクチャ引っかかって強烈な違和感を覚えます。作品にある種の業が生まれなきゃいいけど…。ああ、ますますネット離れしそう…。

拍手[0回]

  BackHOME : Next 
カウンター
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
フリーエリア
最新CM
[04/04 BlogPetのさうざんど]
[07/10 BlogPetのさうざんど]
[07/03 BlogPetのさうざんど]
[06/26 BlogPetのさうざんど]
[06/19 BlogPetのさうざんど]
[06/12 BlogPetのさうざんど]
[06/05 BlogPetのさうざんど]
[05/29 BlogPetのさうざんど]
最新TB
プロフィール
HN:
TS
性別:
非公開
フリーエリア
バーコード
アクセス解析

日々雑感Blog,つれづれ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]