忍者ブログ
2019.08.23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006.08.10
100人の魔物の戦いの自分なりの見解をば。
めちゃベタな解釈なので残りはつづきから。


ゼオンが達也でガッシュが和也という意見で、
ああ、そっかサンデーだから双子かと納得した人。

拍手[0回]

2006.07.19
週刊少年サンデー33号マガジン33号感想。

週刊少年サンデー33号
巻頭カラーメジャー。

金色のガッシュ!!
ガッシュ一番の萌えキャラは高嶺清麿と
久々に認識しました。そうだよね〜。
クールな天才で実は義に厚く仲間思いで
尚且つ美形、オリジェネ2を最近プレイ
したので、キョウスケナンブタイプの
クールな熱血漢にメロメロです。
強化版ザケル、バオウの派生術に更に、
テオザケルまで。生命の水でも飲んで、
しろがねにでもなったの清麿?燃えで
萌えで実にガッシュらしい展開でした。
アニメはあっさりしたラストバトルでしたが、
紫電の雷帝との対決、原作は期待大です。

ハヤテのごとく!
えっと萌果ちゃんがいるときの涼風展開?
西沢さんもヒナギクさんもいい娘なので、
レースの結果はわかってはいるのだけど、
甘甘なラブコメ展開楽しく読んでいます。

メジャー。
まあ辛いよね。宮崎監督の息子さんも、
こんな気持ちだったんだろうなあ。

絶対可憐チルドレン。
メイがいる都合上、もう少し娘を見守る
父性的視点が強くてもいいかと。さすがに、
カップルとして見るのは辛いんで。一応
漫画版超能力ありのプリメと思ってます。

ハルノクニ。
ヒロインがなかなか可愛くなってきたと思う。


マガジン33号感想。
中川翔子(しょこたん?)グラビア。

中川翔子グラビア。
新ブログの女王らしくアキバ衣装。
いやそれだけですが。梅図画的な、
イラストもっと載せればいいかと。

ゲド戦記特集。
宮崎吾郎監督ロングインタビュー。
映画は三巻、一巻はハリポタと被る
ので止めた雰囲気。全体としては、
有名人の息子は大変なんだな〜と。

ネギま!
バトル展開で、ラクガキ王国的に、
絵で召喚も面白いけど、ガッシュも
読んでいるので、バトルはあくまで、
ゲーム的にあっさりめ?かな。

絶望先生。
弐千円札は贈答品によく使っていて、
絵柄がキレイなせいかよく喜ばれる
ので、その辺りがやっぱこの作品と
合わない理由。サッカー大笑いです。

涼風。
うわ、井上涼子ちゃんですか。何か、
ギャルゲー展開を続々こなしていて、
作者さん結構ゲームされる人なのかな。

えこといっしょ。
ああ副会長か。えこより会長の方が、
普通にヒロインしてると思う。


サンデー33号、マガジン33号雑感。
有名人の息子さんは辛いだろうな〜。
とメジャー、ゲド戦記特集を読んで。

拍手[0回]

2006.06.28
サンデー30号感想
一週飛んでます。

サンデー30号感想
ようやく。ようやく。待て次週。

金色のガッシュ!!
ようやく。ようやく。待て次週!

妖逆門
やっぱり普通にアクションで面白い。

結界師
サンライズでアニメ化。

ハヤテのごとく!
マリアさんの謎がまた?フライフィッシング
自分は苦手。びわ湖であゆを50匹くらい釣って、
晩に天麩羅にして食べた子供の頃だけど、今の
釣り人ってちゃんと食べるんだろうか?

拍手[0回]

2006.06.15
サンデー28号、マガジン28号感想
マガジンで氏家ト全さん新連載。

サンデー28号感想

金色のガッシュ!!
清麿復活のプロローグ。ウマゴン頑張った!

妖逆門
連載再開。あいかわらずゲームの表現が面白い。

結界師
流?っぽい新キャラ登場。

ハヤテのごとく!
伊澄さんのスカート?!反則、反則(笑い)
メチャ可愛いので、これで退魔もしてほしい。
ああ絵が描けたらこの激カワの伊澄さんを、
描くのに〜。よし探そう。ヒナギクさんも
いいけど、やっぱ初期の最強キャラ伊澄さん
に戻りそうだね。

拍手[0回]

2006.06.07
マガジン感想も復帰中。

サンデー27号感想

金色のガッシュ!!
ジーク!とオーガノイドシステム搭載の
ゾイドのような高速戦闘のウマゴン。
吐きながらでも戦う姿はまさに疾風。
稲妻のような炎の分身、ロデュウの術に、
負けぬ姿と、からくりでなくうしとらの
後継者と思った。

結界師
ごわす、ごわす(笑い)

ハヤテのごとく!
ネコさん。ARIA社長みたいに、青い瞳?

ケンイチ。
えっと神々の黄昏のメンバーもいるのかな。

あいこら
本当に大運動会。学園もので面白かったです。

ブリアク
やたらこわいトゥーランドット。

兄!
成分分析流行ってますね、ネットで。

ジャぱん
魔王パン。そしてまた魔王へ。

ハルノクニ
これもネコさん。小説的なら幕間。

絶対可憐チルドレン
ナオミちゃん登場。その名は101、マーズ、
そしてゲームのサイキックフォースプレイヤ
として、超能力ものにありがちがな影の部分が、
少ないのが実は気になっていたり。その表面的な、
ライトさ(萌えともいう)が魅力なのはわかるけど。
で、巨乳、魔乳?の監査官登場で、大人キャラが
増えるのは大歓迎で話も面白くなりそう。

レンジマン
いでじゅうの作者さんの新連載、だけど主人公が、
マガジンの今井正太郎と被って被って。行動も、
友人たち、風香というアイドルも、なので様子見。


マガジン27号感想

ツバサ
つづき。アニメのBLOOD+。

ネギま!
ジョジョで時を削るスタンドが・・・。
内容的には学園ものスタンスに。
ただハリポタが一時期の勢いがない以上、
仕掛けが上手く連動しないと辛いかも。
時間遡行は読む側も混乱するので。

さよなら絶望先生
先週よりテンション落ちた?それも前提。
ハヤテより秋葉原ネタが弱い気が・・・。

090〜えこといっしょ〜
ナノちゃんの衣装が可愛く未遂と盛沢山。

神to戦国生徒会
あかほり作品らしい姉弟。えっとMAZEとか。

涼風
ショートカットヒロインでオレンジロード?かな。

今井正太郎
カッコイイってのは、周りに流されず自分の信念を、
貫く事と思うので、根本的な部分で正太郎はずっと
カッコいい思う。のん坊を絶対に守ってた筈だから。
そろそろ終盤。そして告白。

奪還屋
オイディプス神話やアベルとカイン。

シンクロウ
ヒロインなのか?久遠の絆の江戸時代みたいかな。

グラビア
つららちゃんこと堀北真希ちゃん。信子ちゃんともいう。
ハイティーンで一番勢いがあるだけあり普通にカワイイ。

サンデー、マガジン27号雑感

両誌ともベタながら学園ものの定番展開が多く、
結界師、レンジマン、あいこら、ネギま!、正太郎等、
原点回帰の流れかもしれない。ジャンプの異端展開に、
皆飽きがきているの?レンジマンと正太郎の主人公が、
重なるのが、気になる、気になる。で萌えよりかは、
わかりませんが、氏家ト全先生の次号新連載。
アイドルのあかほん、とアイドルもの。
こちらもある種原点回帰。一応感想掲載予定。

拍手[0回]

2006.05.31
マガジン感想も少し復帰。

サンデー26号感想

からくりサーカス。
最終回。大団円で笑顔で締め。ああやっぱり、
巻きが入ってダイジェストぽかったのが、
残念といえば残念だけど、歌声、そして、
えんとつそうじの旅立ちと最も望んでいた終幕
なので、何はなくともお疲れ様でした。

金色のガッシュ!!
ロデュウ小ボスのくせに〜!ティオも封印され、
ガッシュらしさが続くなかウマゴンの戦い。

妖逆門
目的が判明し新たな仲間を得て三四郎の戦いは続く。
ああアニメは見れないけど小夜ちゃんじゃないや、
清ちゃんとオマモリさまが三四郎の戦う理由に、
なった以上これからもっと楽しみです。

ハヤテのごとく!
お師匠様は改蔵へと完全に逆流してるのに、
お弟子さんは、何このラブラブ百合展開(笑)
ラブコメとしても混戦でああなんか普通に、
面白いやん。ヒナギクさんの想いの告白も、
あれば完璧だけどどうかな?

ケンイチ。
園芸部員だったんだ。ケンちゃんってもてるよね。

あいこら
ハチベエのちょっといい天幕さんヒロイン話。

ブリアク
ミラーはできる人すごく少ないらしいですね。

兄!
兄がでなかった気がする。

ジャぱん
やっと読みきりの話へと。長かった〜

ハルノクニ
そしてギリの周りへ。ネコさんの弱点って?

アルバトロス
ゴミ子ちゃんをもっと構ってあげようよ。
汚いもの扱いは、嘲笑された身としては、
嬉しくはないかな。黒アルバはでる?

絶対可憐チルドレン
多少魔力ある身としては、兵部は自分自身の
昏い部分の、映し見と思ってしまいながら、
読んでいます。立場同じなら一緒の事する
だろうし。コレミツがいい参謀。やっぱり
チルドレンより女王となった薫と皆本の戦いを、
読みたいと思うのは萌え指向じゃないからかな。

グラビア
大人な石原さとみさん。

マガジン26号感想

ツバサ
えっとXとか東京バビロンの世界?

ネギま!
文化祭後。ヴァンパイアのお師匠さん。

さよなら絶望先生
完全に絶望というより改蔵。政治関係や、
お金持ちの人たちにもファンがいる気配
なので、世を動かす仕掛けの漫画の一つと
思って少し引いて読んでいます。逆流なので、
最後のページから読んだ人。まあ情報としては、
パチンコから漫画はかなりのビッグビジネス
らしいです。ときメモ→女の子とデート(笑)
は書いてくれなかったかあ。事実なのに。

090〜えこといっしょ〜
PHSが登場。イタズラ好きなナノちゃん。
欄外の通りこの漫画が行方を決めそう。

神to戦国生徒会
とりあえずサービス満載でした。剣法帖よりも、
外法帖って雰囲気は相変わらず。ガンガン系
だな〜と思ってます。

涼風
よかった。何もかわらずまたケンカしてた。

今井正太郎
星野さんとの距離は遠く。のん坊とくっつけば、
幼なじみ属性としてはバッチリなんだけど、
ハヤテのヒナギクさん同様応援キャラっぽい。

奪還屋
アーカイバは変わらず?夜半強いね〜。


サンデー、マガジン26号雑感

デスノートあるのでジャンプ絶対読まんけど、
サンデーはもちろんマガジンも萌えよりなら、
何とか復帰できそう。氏家ト全先生の新連載は?
サンデーに続きマガジンに堀北真希ちゃん登場。

拍手[0回]

2006.05.24
週刊少年サンデー2005年25号感想です。ちょい長め。

からくりサーカス。
でも、その笑顔を守ったからこそ、
勝は、皆の元へ帰ってほしいです。
勝の笑顔を待つ人は沢山いるのだから・・・
次週最終回。

金色のガッシュ!!
シェリーVSココ戦で見せた陰を伴うバトル展開が、
最近続くガッシュらしさを感じる理由かも。
でもキャンチョメに続きティオまで・・・。
次号、魔術師ならぬ知将清麿が帰還???
してくれないと困ります。ティオの最強術は、
アニメと違うものを希望。ゼオンはアニメより
残酷さが増し、さすが原作は違うなと思った。

妖逆門
小夜ちゃんそのものの隠岐清ちゃんの登場は、
メチャ嬉しい♪個人的メインヒロインに決定!
うしとらのオマージュやリスペクトかな。
童の住む家そのものの展開だなと思ったら、
なるほど撃符はそんな理由でしたか。
アニメ見れないのが残念。ホウライは、
やっぱロンドンなのかな?

ハヤテのごとく!
うわ(笑)そんな成人指定ならまずとんでもない
方向に向かうハーレムもとい修羅場展開を。
メインヒロインはいぬがみプレイ中です。
カラーは西沢さんとヒナギクさんの扉でした。
天然攻め×照れ屋な強気受け、らしい???です。
ナギがお風呂の候補に入っていないのが、
よく練られた展開だなあと思った。
ハヤテくんは、ヒロインキャラ(男です)なので、
逆ハーレムのような気もする。と思った自分は
今日からマ王!見ている人。ヒロインズにとって、
ナギのヒーローハヤテ!は覆せない聖域と思うので、
ナギ姫、早く本編に絡んでください。

メジャー。
アニメでも重かったお話をここで。

ジャぱん。
さすがにロッテは無理ありすぎ。でも大笑い。

あいこら。
あまりのバカバカしさに大爆笑!!!
いつの間にそんな集団が?弓雁ちゃんが、
現実にいても人気ありそう。自分は、
ファッションとしてメガネ好き?派??。

ハルノクニ。
ネコさん大活躍中!昔のSFブームの頃なら、
まずジュブナイルとして受けた展開なのに、
パッシングしている感想があるのが残念。
均衡の天秤が右に傾くとそうなるのかなあ。
小説ならよかったな〜と思って読んでます。

絶対可憐チルドレン。
キース様!にしか思えない兵部少佐。
完全に右にシフトしているメディア界に
おいてどこまでこのムズカシイお話を、
展開していくか、椎名先生の手腕に期待。
ただの漫画やん、というには重い展開なので。
少佐が作者の手を離れて行動しはじめてるのなら、
更に面白いのだけど、どうなんだろ。

サンデー25号雑感。
何はなくとも妖逆門。鷹取小夜ちゃんは嬉しい♪
ハヤテはラブコメ、ガッシュはバトルとなかなか
バランスのいい号だったのではないでしょうか。
あいこらがあまりにもおかしすぎです。何や(笑)
やっぱり根がマジメで優等生キャラはいいよね♪
絶チルは、ムズカシイ展開なので様子見です。
↓に書いたように、メディアは現実を変えうる
重要な手段なのでどうなるかですね。考えすぎ?
次週はいよいよからくりサーカス最終回。


う〜ん。まだ長いな。本当はもっと短くしたいです。
どんなに傷つけられても、戦い続けるティオ!!
その笑顔を守りぬいた勝!とかの方がいいのかな。

拍手[0回]

  BackHOME 
カウンター
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
フリーエリア
最新CM
[04/04 BlogPetのさうざんど]
[07/10 BlogPetのさうざんど]
[07/03 BlogPetのさうざんど]
[06/26 BlogPetのさうざんど]
[06/19 BlogPetのさうざんど]
[06/12 BlogPetのさうざんど]
[06/05 BlogPetのさうざんど]
[05/29 BlogPetのさうざんど]
最新TB
プロフィール
HN:
TS
性別:
非公開
フリーエリア
バーコード
アクセス解析

日々雑感Blog,つれづれ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]